FC2ブログ
プロフィール

 藤井奈生子(メゾソプラノ)

Author: 藤井奈生子(メゾソプラノ)
 埼玉県大宮光陵高校音楽科卒業後、東京音楽大学及び大学院声楽科卒業。その後、オーストリア国立モーツァルテウム音楽大学大学院リート・オラトリオ科、ドイツ国立カールスルーエ音楽大学リート科卒業。
 第43回全日本学生音楽コンクール第1位。第6回国際モーツァルトコンクール奨励賞受賞。第10回セギッツィ国際室内楽コンクール・歌曲部門第3位。
現在、東京音楽大学、東京音楽大学付属高校、埼玉県立大宮光陵高校音楽科、茨城県立水戸第三高校音楽科各講師。

お知らせ
■CD発売中!■
藤井奈生子
メゾソプラノ・リサイタル vol.14
~夕べの幻想 Abendphantasie~

2000円(税込)
曲目一覧 URL
試聴はこちら
▼お申込み
yof85konzerte@yahoo.co.jp
カテゴリー
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

□■□■
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
BS blog Ranking
くつろぐ
にほんブログ村
ブログランキング ドット ネット
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルク アルテンベルクの絵葉書の文による5つの歌曲 作品4 (2017 リサイタル 対訳)

A. ベルク A.Berg


ペーター・アルテンベルクの絵葉書の詩による5つの歌曲 作品4
5 Lieder nach Ansichtskartentexten von Peter Altenberg op.4

Seele, wie bist du schöner

Seele, wie bist du schöner, tiefer, nach Schneestürmen.
Auch du hast sie, gleich der Natur.
Und über beiden liegt noch ein trüber Hauch,
eh' das Gewölk sich verzog!

魂よ、お前はなんとより美しいことか

魂よ、お前はなんとより美しく、深いのだ、雪の嵐が去った後で。
お前もその雪の嵐を持っているのだ、この自然と同じように。
そうして、お前と自然の上には憂いを帯びた薄靄が横たわっている、
雲が次第に消えて行く前には。

Sahst du nach dem Gewitterregen den Wald?

Sahst du nach dem Gewitterregen den Wald?
Alles rastet, blinkt und ist schöner als zuvor.
Siehe, Fraue, auch du brauchst Gewitterregen!

雷雨の後にお前は森を見たか?

雷雨の後にお前は森を見たか?
すべては安らいで、きらめいている。そして、前よりももっと美しい。
ごらん、女の方よ、お前にも雷雨が必要であろう。

Über die Grenzen des All

Über die Grenzen des All blicktest du sinnend hinaus;
Hattest nie Sorge um Hof und Haus!
Leben und Traum vom Leben...plötzlich ist alles aus....
Über die Grenzen des All bliekst du noch sinnend hinaus!

宇宙の果てを超えて

宇宙の果ての先をお前はもの思いにふけながら見つめていた。
庭や家の心配をお前は決してすることはなかった!
人生よ、いのちの夢よ...突然、すべてが終わった…
宇宙の果ての先を、お前はまだ、もの思いにふけつつ見つめている!

Nichts ist gekommen

Nichts ist gekommen, nichts wird kommen für meine Seele.
Ich habe gewartet,gewartet, oh gewartet!
Die Tage werden dahinschleichen, und umsonst wehen
meine aschblonden seidenen Haare um mein bleiches Antlitz!

何もやって来なかった、

何もやって来なかった、そして何もやって来ることはないだろう、私の魂のためには。
私は待って、待って、おお、待ち続けたのだ!
日々は緩やかに流れて行くだろう、そして、ただ無駄に、風に吹かれた
私の灰色に変わった絹のような髪が、青ざめた私の顔のまわりを戯れるのだ!

Hier ist Friede

Hier ist Friede. Hier weine ich mich aus über alles!
Hier löst sich mein unfaßbares, unermeßliches Leid,
das mir die Seele verbrennt ...
Siehe, hier sind keine Menschen, keine Ansiedlungen.
Hier ist Friede! Hier tropft Schnee leise in Wasserlachen ...

ここに平和がある

ここに平和がある。ここで私はすべてのことについて、泣き尽くすのだ!
ここで私の理解しがたい、はかりしれない苦しみは、解放されるのだ、
私の魂は苦しみを焼き尽くすのだ…。
ごらん、ここには人々もいない、家々もない、
ここに平和がある!ここで、雪が水溜まりの中に、静かにしたたり落ちる…。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。