FC2ブログ
プロフィール

 藤井奈生子(メゾソプラノ)

Author: 藤井奈生子(メゾソプラノ)
 埼玉県大宮光陵高校音楽科卒業後、東京音楽大学及び大学院声楽科卒業。その後、オーストリア国立モーツァルテウム音楽大学大学院リート・オラトリオ科、ドイツ国立カールスルーエ音楽大学リート科卒業。
 第43回全日本学生音楽コンクール第1位。第6回国際モーツァルトコンクール奨励賞受賞。第10回セギッツィ国際室内楽コンクール・歌曲部門第3位。
現在、東京音楽大学、東京音楽大学付属高校、埼玉県立大宮光陵高校音楽科、茨城県立水戸第三高校音楽科各講師。

お知らせ
■CD発売中!■
藤井奈生子
メゾソプラノ・リサイタル vol.14
~夕べの幻想 Abendphantasie~

2000円(税込)
曲目一覧 URL
試聴はこちら
▼お申込み
yof85konzerte@yahoo.co.jp
カテゴリー
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

□■□■
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
BS blog Ranking
くつろぐ
にほんブログ村
ブログランキング ドット ネット
RSSフィード

ツェムリンスキーの対訳 (リサイタル 2015)

A.Zemlinsky


O Blätter,dürre Blätter! op.5.3 (Pfau)

O Blätter,dürre Blätter!
Wie trauert ihr so sehr!
Als ihr noch gabet grünen Schein --
Da war mein lieber Schatz noch mein,
Den hab' ich nimmermehr.

O Blätter,dürre Blätter!
Ihr habt ihn oft gesehn,
Wann er mir Treu versprochen hat -
Ach! kann die Liebe wie ein Blatt
In einem Jahr vergehn?

O Blätter,dürre Blätter!
Es war ein falscher Knab';
Euch klag' ich es,ihr schweiget still,
Weil ich sonst niemand sagen will,
Wie lieb' ich ihn noch hab'!


おお木の葉よ、枯れた葉よ 作品5.3. (プファウ)

おお木の葉よ、枯れた葉よ!
なんとお前たちは悲しんでいることだろう!
まだお前たちが緑色に輝いていた時
その時、私の愛するあの人はまだ私のものだった。
彼は今は私のものではないけれど。

おお木の葉よ、枯れた葉よ!
お前達はよく彼を見かけた、
彼が私に忠誠を誓ってくれた時…
ああ!愛はこの葉のように、
一年で消え去ってしまうというの?

おお木の葉よ、枯れた葉よ!
あの人はひどい男だった。
お前たちに私はそのことを告げるわ、葉達は静かに黙っててくれる
なぜなら他の人には誰にも言いたくないから、
彼をまだ私がどんなに愛しているかということを!

Unter blühenden Bäumen op.5.2 (Gensichen)

Unter blühenden Bäumen
Hab' bei schweigender Nacht
Ich in seligen Träumen
Dein,du Holde,gedacht.

Duftend streute die Linde
Blüten nieder zu mir;
Schmeichelnd kosten die Winde
Wie ein Grüßen von dir.

Und ein himmlisches Singen
Schien vom Sternengezelt
Leise hernieder zu klingen
Durch die schlafende Welt.

花咲く木々の下で 作品5.2 (ゲンズィヒェン)

花咲く木々の下で
黙した夜に
私は幸福な夢の中で、
おお、優しいあなた、あなたのことを想った。

香りを放ちながら菩提樹の
花が私に降り注ぎ、
心地よく風が吹きそよぐ、
まるで、あなたからの挨拶のように。

そして天国の歌が
天空の星々から
かすかに下界へと響き渡っているようだった
この眠りについた世界の中を。




Turmwächterlied op.8.1 (Jacobsen Deutsche Übersetzung von Arnold)

Nacht ist es jetzt,
Und das Gestirn,das Gott gesetzt
Als Grenze (eh die Zeit noch war)
Zwischen des Lichtes klarem See
Und der Finsternisse Meer,
Die Sonne wich von ihrem Ort -
Doch bald erstrahlt sie wieder,
So hoffen wir in Demut.

Ihr Leut' in Burg und Feste,
Ihr,die ihr auf den Straßen ziehet,
Und ihr auf salzigem Meer,
Ihr alle solltet beten,
Eh des Tages Ringen
Oberhand gewinnt.
Und wendet die Gedanken
Ab von Haus und Heim
Und laßt sie aus den Herzen
Ziehen himmelwärts.
Denn der Herr ist gut und barmherzig
Jetzt und ewiglich.

Herr,nun kommen sie alle,
Gut und Böse,
Sieche und Heile,
Mit Ruf und Rede,
Seufzend im heiligen
Zeichen des Kreuzes.
Höre sie alle in deiner Gnade,
Gew 8;hre ihnen nach deinem Willen.
Laß sie christlich beten.




塔守の歌 作品8.1 (ヤコプセン アルノルド独訳)

今は夜。
そして、星空を神は定めた、
境界線として(まだ時が来ていなかった時に)
光の輝く湖と
暗闇の海の間に。
太陽はその場所から去って行った、
だが、また再び輝き出るだろう、
そう私たちはへりくだりつつ願う。

城や要塞を守る人々よ、
街を行く人々よ、
そして、塩の海の上を行く人々よ、
あなた方皆、祈ろうではないか、
一日の戦いが
優勢になる前に。
そして、家や家庭への
想いを捨て、
心の内から想いを
天国へ向けよう。
なぜなら主は優しく、恵み深い
今も、永遠に。

主よ、今、すべての者達が集まっています、
善人も悪者も、
病人も健康人も、
訴え、語りかけるのです、
ため息をつきながら、
聖なる十字架の印に。
あなたの恵みの内に彼らの訴えを聞いてください、
あなたの御心のまま彼らをお許しください、
彼らがキリスト者にふさわしく祈れるようにしてください。



Heilige Nacht op.2.1 (Feth Deutsche Übersetzung von Bodenstedt)

Ruhe,heilige Nacht!
Dämmerig scheint der Mond.
Süß ist,o Mädchen,dein Kuß
Während der ruhigen Nacht.

Freundin,im Dunkel der Nacht
Wie kann ich traurig noch sein?
Hell wie die Sterne bist du
Während der ruhigen Nacht.

Freundin,die Sterne sind schön.
Und auch die Trauer ist süß;
Du bist das Liebste mir doch
Während der heiligen Nacht.



聖なる夜 作品2.1 (フェート ボーデンシュテット独訳)

安らぎなさい、聖なる夜よ!
黄昏の中、月が光る。
おお、乙女よ、あなたの口づけは甘い
この静かな夜のしじまでは。

恋人よ、夜の暗闇の中で、
僕はまだどうして悲しんでいられるだろう?
星のように、君は明るく輝く、
この静かな夜のしじまでは。

恋人よ、星々は美しく、
そして悲しみも甘い。
君は僕の最愛の人、
この聖なる夜のしじまでは。


Entbietung op.7.2 (Dehmel)

Schmück dir das Haar mit wildem Mohn,
die Nacht ist da,
all ihre Sterne glühen schon.
All ihre Sterne glühn heut dir!
Du weißt es ja:
all ihre Sterne glühn in mir!

Dein Haar ist schwarz,dein Haar ist wild
und knistert unter meiner Glut;
und wenn sie schwillt,
jagt sie mit Macht
die roten Blüten und dein Blut
hoch in die höchste Mitternacht.

In deinen Augen glimmt ein Licht,
so grau in grün,
wie dort die Nacht den Stern umflicht,
Wann kommst du?! - Mein Fackeln lohn!
Laß glühn,laß glühn!
Schmück mir dein Haar mit wildem Mohn!

呼びかけ 作品7.2 (デーメル)

あなたの髪を野生のケシで飾って。
夜がやって来た。
すべての夜の星は、もう輝いている。
すべての夜の星は、今日あなたの前に輝いている!
わかるでしょう、
すべての夜の星は、私の中で輝いていることを!

あなたの髪は黒い、あなたの髪は乱れている、
そして私の激情の下で燻っている。
そして、激情が高まると、
みるみるとそれは
赤い花とあなたの血を追い立てるのだ、
まさにこの真夜中に。

あなたの目の中に、光が燃えている、
緑色の目が、灰色に、
まるでこの夜が星たちを取り囲むように、
いつあなたは来るの?!ー松明を灯した甲斐があった!
燃えよ、燃えよ!
私のためにあなたの髪を野生のケシで飾って!



Irmelin Rose op.7.4 (Jacobsen Deutsche Übersetzung von Arnold

Seht, es war einmal ein König,
Dem die Schätze reich gedieh'n,
Und der beste, der ihm eigen,
Hieß mit Namen Irmelin.
Irmelin Rose,
Iremlin Sonne,
Irmelin alles, was schön war.

Schier von jedem Ritterhelme
Wehte ihrer Farben Schein,
Und mit jedem Reim der Sprache
Klang ihr Name überein:
Irmelin Rose,
Iremlin Sonne,
Irmelin alles, was schön war.

Freier kamen scharenweise
Hergezogen zum Palast,
Und mit zärtlichen Gebärden
Klang ihr Schmeicheln ohne Rast:
Irmelin Rose,
Iremlin Sonne,
Irmelin alles, was schön ist.

Doch Prinzessin Stahlherz jagte
All die Freier schnippisch fort,
Fand an jedem was zu tadeln,
Hier die Haltung, da das Wort.
Irmelin Rose,
Irmelin Sonne,
Irmelin alles, was schön ist.

バラのイルメリン 作品7.4 (ヤコプセン アルノルド独訳)

ご覧、昔々、あるところに一人の王様がいました。
王様は豊かな財宝をお持ちでした。
そしてその中で一番最高のものを
イルメリンという名前で呼んでいました。
バラのイルメリン、
太陽のイルメリン、
美しかったものすべてが、イルメリンと。

どの騎士の兜にも
その色彩の輝きがたなびき、
そして誰もが話す言葉の韻には、
彼女の名前が、あちこちで響きました、
バラのイルメリン、
太陽のイルメリン、
美しかったものすべてが、イルメリンと。

求婚者達が群れをなして
宮殿にやって来ました。
そして、情愛深い身振りで
ひっきりなしに、彼女に甘い言葉を響かせました、
バラのイルメリン、
太陽のイルメリン、
美しいものすべてが、イルメリンと。

ところが、鉄の心を持つ王女シュタールヘルツ様は、
すべての求婚者を、つっけんどんに切り捨て追い払いました。
どの騎士にも難癖をつけました、
こちらは振る舞い、あちらは話し方が悪いと。
バラのイルメリン、
太陽のイルメリン、
美しいものすべてが、イルメリン。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント