FC2ブログ
プロフィール

 藤井奈生子(メゾソプラノ)

Author: 藤井奈生子(メゾソプラノ)
 埼玉県大宮光陵高校音楽科卒業後、東京音楽大学及び大学院声楽科卒業。その後、オーストリア国立モーツァルテウム音楽大学大学院リート・オラトリオ科、ドイツ国立カールスルーエ音楽大学リート科卒業。
 第43回全日本学生音楽コンクール第1位。第6回国際モーツァルトコンクール奨励賞受賞。第10回セギッツィ国際室内楽コンクール・歌曲部門第3位。
現在、東京音楽大学、東京音楽大学付属高校、埼玉県立大宮光陵高校音楽科、茨城県立水戸第三高校音楽科各講師。

お知らせ
■CD発売中!■
藤井奈生子
メゾソプラノ・リサイタル vol.14
~夕べの幻想 Abendphantasie~

2000円(税込)
曲目一覧 URL
試聴はこちら
▼お申込み
yof85konzerte@yahoo.co.jp
カテゴリー
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

□■□■
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
BS blog Ranking
くつろぐ
にほんブログ村
ブログランキング ドット ネット
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fidelity 忠誠

2曲目に演奏するのは、J.ハイドン作曲の<Fidelity 忠誠>です。

ハイドンは、晩年イギリスに渡り、そこで イングリッシュ・カンツォネッタという英語の歌曲を生み出しました。あまり、日本で歌われるのを聞きませんが、録音もたくさんあり、様々なキャラクターを持つ、珠玉の歌曲集です。曲によっては、シューベルトのようなすでにロマン派の香りのする歌曲もあり、私もとても好きな歌曲集です。今年の11月のソロリサイタルで、何曲か演奏する予定です。

While hollow burst the rushing winds,
And heavy beats the show'r,
This anxious,aching bosom finds
No comfort in its pow'r.

For ah,my love,it little knows
What thy hard fate may be,
What bitter storm of fortune blows,
What tempests trouble thee.

A wayward fate hath spun the thread
On which our days depend,
And darkling in the checker'd shade,
She draws it to an end.

But whatsoe'er may be our doom,
The lot is cast for me,
For in the world or in the tomb,
My heart is fix'd on thee.

暴風が炸裂し、
豪雨が激しく叩きつける時、
この不安な痛む胸は
自ら安らぎを見出せない。

なぜなら、ああ、愛する人、この胸はわからない、
あなたの過酷な運命がどんなか、
どんな激しい嵐が吹き荒れているのか、
どんな大嵐があなたを苦しめているのかを。

気まぐれな運命は糸を紡ぎ、
そこで私たちの日々が繰り広げられる、
そして交錯した蔭の暗がりで、
運命が糸を最後まで引く。

しかし、私たちの運命がどんなものであれ、
私の運命は決まっている、
なぜなら、この世でも、墓の中でも、
私の心はあなたのものだから。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。