FC2ブログ
ル・トロンプ・ルイユ
昨日は、内村鑑三今井館聖書講堂で、本番でした。

テレマンの教会カンタータをフルートトラヴェルソとチェンバロと通奏低音のチェロのアンサンブルで演奏しました。(5月24日のブログに、歌詞と内容を載せました)

始めてこの講堂に入ったのですが、明治時代に建てられらた、木造の温かい雰囲気の建物でした。他の出演者の方の演奏を聴きながら、チェンバロの美しい音色とチェロのバスの音が木の床から響いてきて、身体中で生の音を聞くことができました。自分で演奏しても、心地の良い音響で歌いやすかったです。

バロックの作品をアンサンブルできて、とても楽しかったです。歌と合わせて、フルートもチェンバロもチェロも、同じ息づかいで演奏できる醍醐味がアンサンブルにはあるのだと思いました。
スポンサーサイト

<< 土曜コンサート | home | 石巻市門脇町でのミニコンサート >>

comment

post a comment

url:
comment:
pass:
secret: 管理者にだけ表示を許可する