FC2ブログ
プロフィール

 藤井奈生子(メゾソプラノ)

Author: 藤井奈生子(メゾソプラノ)
 埼玉県大宮光陵高校音楽科卒業後、東京音楽大学及び大学院声楽科卒業。その後、オーストリア国立モーツァルテウム音楽大学大学院リート・オラトリオ科、ドイツ国立カールスルーエ音楽大学リート科卒業。
 第43回全日本学生音楽コンクール第1位。第6回国際モーツァルトコンクール奨励賞受賞。第10回セギッツィ国際室内楽コンクール・歌曲部門第3位。
現在、東京音楽大学、東京音楽大学付属高校、埼玉県立大宮光陵高校音楽科、茨城県立水戸第三高校音楽科各講師。

お知らせ
■CD発売中!■
藤井奈生子
メゾソプラノ・リサイタル vol.14
~夕べの幻想 Abendphantasie~

2000円(税込)
曲目一覧 URL
試聴はこちら
▼お申込み
yof85konzerte@yahoo.co.jp
カテゴリー
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

□■□■
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
BS blog Ranking
くつろぐ
にほんブログ村
ブログランキング ドット ネット
RSSフィード

新年度

先週から本格的に新年度が始まりました。

木曜日には、声楽演奏家コースと大学院の合同顔合わせがあり、学生さんや先生方総勢200名以上集まり、身も引き締まりました。

その中で色々なお話が先生方からあり、私自身にとっても、心に刻まれた貴重な言葉をいただきました。その中で、印象に残っているのは、音楽は神様から人間に与えられたものだから、ヨーロッパでは、音楽家は尊敬されている、その音楽に仕える者として、一生懸命やっていきましょう、というようなお言葉でした。

いろいろと迷うことも多いですが、この原点さえ忘れなければ、自ずとすべきこと、音楽をすることへの姿勢が定まり、まっすぐひたむきに音楽に対峙できるのではないのかと思わされました。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント