FC2ブログ
音楽は自由にする 
夕方に、音大内で試験があり、お友達で学生さんのピアニストの方と共演しました。

曲目は團伊久磨の「春の鳥」「石竹」「彼岸花」。


内容はかなり大人の女性の歌。西洋音楽と日本音楽の融合のような音楽でした。音域はメゾソプラノにぴったり。

合わせを何回かピアニストさんとしているうちに、日本歌曲もドイツ歌曲も、おなかから表現することには変わらないことに気が付きました。

そして本番も、人からの評価や、正しく、うまく演奏しようという邪念を捨て、お互いに自由に表現できたように思えました。とても幸せな時でした。

音楽を表現するとき、自分にこびりついているいろんなものを捨てないと、表現できないということも再確認しました。

瞬間瞬間に訪れる互いのインスピレーション。

即興的な表現にも、自分が自由でいたら、お互いにこたえることができ、毎回違った演奏ができます。

それが音楽の、瞬間芸術の醍醐味なのかもしれません。


スポンサーサイト

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

<< 大雪 | home | フレンチ・ビストロ オー・コアン・ドゥ・フ― >>

comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

post a comment

url:
comment:
pass:
secret: 管理者にだけ表示を許可する