FC2ブログ
プロフィール

 藤井奈生子(メゾソプラノ)

Author: 藤井奈生子(メゾソプラノ)
 埼玉県大宮光陵高校音楽科卒業後、東京音楽大学及び大学院声楽科卒業。その後、オーストリア国立モーツァルテウム音楽大学大学院リート・オラトリオ科、ドイツ国立カールスルーエ音楽大学リート科卒業。
 第43回全日本学生音楽コンクール第1位。第6回国際モーツァルトコンクール奨励賞受賞。第10回セギッツィ国際室内楽コンクール・歌曲部門第3位。
現在、東京音楽大学、東京音楽大学付属高校、埼玉県立大宮光陵高校音楽科、茨城県立水戸第三高校音楽科各講師。

お知らせ
■CD発売中!■
藤井奈生子
メゾソプラノ・リサイタル vol.14
~夕べの幻想 Abendphantasie~

2000円(税込)
曲目一覧 URL
試聴はこちら
▼お申込み
yof85konzerte@yahoo.co.jp
カテゴリー
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

□■□■
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
BS blog Ranking
くつろぐ
にほんブログ村
ブログランキング ドット ネット
RSSフィード

独唱及び合唱Ⅱの試験

今週は、試験週間です。今日の試験は独唱及び合唱Ⅱの試験でした。

この授業は、器楽の学生さんの声楽の授業です。将来、教育実習、ひいては音楽教師になった時に、歌うことも大切なので、歌うことに親しむ、ということが目的です。

以前もご紹介しましたが、この授業は1年生からあり、2年目も続けて取る学生さんも多く、1年目は声楽の初歩で取り上げるイタリア歌曲を中心に進められている授業なので、2年目はドイツ歌曲を主に取り上げています。

また、器楽を専門にしているということは、バッハ、ベートーヴェン、シューベルト、シューマンなどなどドイツの作曲家の作品を演奏する機会が多いので、言葉からくるフレーズ感を知ることはとても大切です。

後期の学生さんは、とても熱心で、意欲的に取り組んでくださり、とても楽しい授業となりました。試験も、授業で取り入れたドイツ歌曲から好きな曲を選び、詩の朗読、歌唱という試験内容でしたが、とてもすばらしかったです。


何より、歌うことに慣れ、歌うことが好きになってもらえたら、きっと専門の楽器の演奏にもフレーズ感や、歌う心がより伴ういい演奏ができるのではないかと思うのです。この授業はそのことを具体的に学べるようにドイツ音楽のフレーズの特徴を知って、体感して頂くことを目的としています。
スポンサーサイト

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

コメント

非公開コメント