FC2ブログ
武蔵野文化会館 喜びへのコンサート
140111_1319~01



武蔵野文化会館大ホールでの、喜びへのコンサートの本番が終わりました。

バッハのヨハネ受難曲から「完了した Es ist vollbracht」を歌いました。

前半は、チェロの旋律と通奏低音のみで、歌はチェロと全く違うメロディーを歌いますし、オーケストラが下で支えていてくれるというものではないので、とても大変です。歌のメロディーも自分ひとりで歌っている感覚で、かなりの張りつめた緊張感があります。無伴奏チェロ組曲に通奏低音がついていて、そこに全く違うメロディーが絡まっている体。プラス、今回は1800名のキャパシティーのあるホールでしたので、ゲネプロからかなり緊張しました。後半の、勝利の部分はオーケストラ全体が支えてくれますので、メリスマが難しいのですが、どちらかというと勢いで行ける感じです。でも、この奇跡としかいえないようなバッハの名作を本番で歌えたのは、幸せでした。

後半はフリーでしたので、客席で合唱など聞いて楽しみました。(写真は合唱のリハーサル時)
スポンサーサイト

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

<< 簡単!体の温まる韓国家庭料理 | home | 寒い冬の日には >>

comment

post a comment

url:
comment:
pass:
secret: 管理者にだけ表示を許可する