2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ヴォルフ ゲーテ歌曲集より (2017 リサイタル 対訳)
2017/10/23(Mon)
201710192149018d1.jpg

写真は、ワイマールのゲーテの邸宅のベッド。ここに亡くなるまで、50年住んだが、おそらくこのベッドで亡くなったそうです。


ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの詩による歌曲集より
Johann Wolfgang von Goethe - Lieder

Anakreons Grab

Wo die Rose hier blüht, wo Reben um Lorbeer sich schlingen,
wo das Turtelchen lockt, wo sich das Grillchen ergötzt,
welch ein Grab ist hier, das alle Götter mit Leben
schön bepflanzt und geziert? Es ist Anakreons Ruh.
Frühling, Sommer, und Herbst genoß der glückliche Dichter,
vor dem Winter hat ihn endlich der Hügel geschützt.

アナクレオンの墓

薔薇が咲き、葡萄が月桂樹に巻きつき、
コジキバトが鳴き声を放ち、コオロギが楽しむところ、
ここはどのような墓だろう、あらゆる人々がいのちあるものを
麗しく植え付け、飾るところは?それは、アナクレオンの憩うところ。
春、 夏、秋と幸福なこの詩人は、人生を謳歌した、
そして丘は、最期の時に人生の冬から彼を守ったのだ。

Frühling über's Jahr

Das Beet, schon lockert
sich's in die Höh!
Da wanken Glöckchen
so weiß wie Schnee;
Safran entfaltet
gewalt'ge Glut,
Smaragden keimt es
und keimt wie Blut.
Primeln stolzieren
so naseweis,
schalkhafte Veilchen,
versteckt mit Fleiß;
was auch noch alles
da regt und webt,
genug, der Frühling,
er wirkt und lebt.

Doch was im Garten
am reichsten blüht,
das ist des Liebchens
lieblich Gemüt.
Da glühen Blicke
mir immerfort,
erregend Liedchen,
erheiternd Wort.
Ein immer offen,
Ein Blütenherz,
im Ernste freundlich
und rein im Scherz.
Wenn Ros' und Lilie
der Sommer bringt,
er doch vergebens
mit Liebchen ringt.

一年を巡る春

花壇の土はすでに
柔らかくなって、盛り上がり、
そこでは、風鈴草が
雪のように真っ白になって揺れている。
サフランは圧倒的な
輝きを放ち、
エメラルドの草は芽を出す、
血のようにー真っ赤な芽を。
サクラソウは、小生意気に
勿体ぶっていて、
茶目っ気たっぷりなスミレは
一生懸命かくれんぼ。
他にもまだすべて
生き生きと活動しているものたちがある、
充分だ、春は
働き、生きている!

しかし、庭の中で、
一番豊かに花開いているもの、
それは恋人の
可愛いらしい心。
その眼差しは
いつも私を見つめる
すると歌が浮かんでくる、
朗らかな言葉で。
常に開いた
花のような心、
真摯さの中にも、親みと
冗談の中にも、純粋さがあるのだ。
薔薇や百合を
夏が運んできたとしても、
僕の恋人には
かないっこない。


Der Schäfer

Es war ein fauler Schäfer,
Ein rechter Siebenschläfer,
Ihn kümmerte kein Schaf.

Ein Mädchen konnt ihn fassen,
Da war der Tropf verlassen,
Fort Appetit und Schlaf!

Es trieb ihn in die Ferne,
Des Nachts zählt er die Sterne,
Er klagt und härmt sich brav.

Nun da sie ihn genommen,
Ist alles wieder kommen,
Durst, Appetit und Schlaf.

羊飼い

あるところに一人の怠け者の羊飼いがいました、
正真正銘の眠りこけ男で、
羊の世話を一匹もしませんでした。

一人の女の子が彼の心を捉え、
それからは彼女に夢中で、間抜け者になり、
食欲も、眠る意欲もなくなってしまいました!

女の子は彼を遠くへ追い払い、
夜には、彼は星を数えては、
お行儀よく、嘆き、悲しみました。

さて、こうして女の子が彼と一緒になったら、
すべてはまた再び、元どおり、
喉の渇きも、食欲も、眠る意欲も戻ってきました。


Die Spröde
An dem reinsten Frühlingsmorgen
ging die Schäferin und sang,
jung und schön und ohne Sorgen,
dass es durch die Felder klang,
So la la! Le rallala!
So la la, rallala!

Thyrsis bot ihr für ein Mäulchen,
zwei, drei Schäfchen gleich am Ort,
schalkhaft blickte sie ein Weilchen;
doch sie sang und lachte fort:
So la la! Le rallala!
So Lala!
Und ein Andrer bot ihr Bänder,
und der dritte bot sein Herz;
doch sie trieb mit Herz und Bändern
so wie mit den Lämmern Scherz,
Nur la la! Le rallala!
So la la, nur lala rallala!



お澄まし娘

爽やかな春の朝、
羊飼いの女の子は、散歩し、歌いました、
若くて、可愛くて、心配事もない、
その歌は、野原中に響き渡ったのです、
ゾララー、レラララ!
ゾララ、ラララ!

テュルズィスという男の子が、彼女の口づけが欲しくて、
2頭いや3頭の子羊をそこですぐに差し出した。
いたずらっぽく、彼女はちらっと彼を見ると、
歌を歌い、笑いながら、行ってしまいました。
ゾララー、レラララ!
ゾララ、ラララ!

別の男の子は、リボンを差し出し、
三人目は、心を捧げました、
だけど、彼女は、心もリボンも、
子羊と同じように、冗談で笑い飛ばしたのです。
ただラララ、レラララ!
ラララ、レララと歌いながら!



スポンサーサイト
この記事のURL | うた | CM(0) | ▲ top
ヴォルフ メーリケ歌曲集より (2017 リサイタル 対訳)
2017/10/22(Sun)
201710192151399b2.jpg


H.ヴォルフ H.Wolf
エドゥアルド・メーリケの詩による歌曲集より
Aus Eduard Mörike - Lieder

Schlafendes Jesuskind

Sohn der Jungfrau, Himmelskind! am Boden
Auf dem Holz der Schmerzen eingeschlafen,
Das der fromme Meister sinnvoll spielend
Deinen leichten Träumen unterlegte;
Blume du, noch in der Knospe dämmernd
Eingehüllt die Herrlichkeit des Vaters!
O wer sehen könnte, welche Bilder
Hinter dieser Stirne, diesen schwarzen
Wimpern, sich in sanftem Wechsel malen!

眠れる幼子イエス

乙女の息子、天の子どもよ!苦悩の
木でできた床の上に、眠っている、
敬虔な画家の大家が、巧みにやすやすと
あなたの軽やかな夢を色つけたのだ。
花のようなあなたよ、まだ、夢うつつの蕾の中に
父なる神の栄光をまとっているのだ!
おお、誰がわかるだろうか、どのような光景が
この子の額の内に、この黒々とした
まつげの後ろに、柔らかな変化の中で描かれていくことか!


Im Frühling

Hier lieg ich auf dem Frühlingshügel:
Die Wolke wird mein Flügel,
Ein Vogel fliegt mir voraus.
Ach, sag' mir, alleinzige Liebe,
Wo du bleibst, daß ich bei dir bliebe!
Doch du und die Lüfte, ihr habt kein Haus.
Der Sonnenblume gleich steht mein Gemüte offen,
Sehnend,
Sich dehnend
In Lieben und Hoffen.
Frühling, was bist du gewillt?
Wann werd ich gestillt?

Die Wolke seh ich wandeln und den Fluß,
Es dringt der Sonne goldner Kuß
Mir tief bis ins Geblüt hinein;
Die Augen, wunderbar berauschet,
Tun, als schliefen sie ein,
Nur noch das Ohr dem Ton der Biene lauschet.

Ich denke dies und denke das,
Ich sehne mich, und weiß nicht recht, nach was:
Halb ist es Lust, halb ist es Klage;
Mein Herz, o sage,
Was webst du für Erinnerung
In golden grüner Zweige Dämmerung?
-Alte unnennbare Tage!

春に

ここで、私は春の丘の上に寝そべり、
雲は私の翼となり、
鳥は私の目前から飛び立つ、
ああ、言っておくれ、たった一つの愛よ、
私がそこにとどまれるように、君がどこにいるかを。
しかし、君とそよ風にはとどまる家がないのだ。
ひまわりの花のように、私の心は開く。
憧れ、
伸びをしながら、
愛と希望の中で。
春よ、君は何を望んでいて、
いつ静まるのだ?

雲や川が流れて行くのを見る、
太陽の金色の口づけが
私の血液まで深く滲み透る、
目は素晴らしく酔い心地で、
まるで眠りに入ったよう。
ただ耳元で蜜蜂の飛ぶ音だけが聞こえる。

私はあれやこれや思いをはせる、
何かに憧れるのだけれど、それが何なのかわからない、
半分は喜びで、あと半分は嘆きなのだ。
私の心よ、言っておくれ、
君はどのような思い出を
金色に輝く緑の枝の中の黄昏の中、紡いでいるだ?
過ぎ去りし昔の言い知れぬ日々よ!


Der Genesene an die Hoffnung

Tödlich graute mir der Morgen:
doch schon lag mein Haupt, wie süß!
Hoffnung, dir im Schoß verborgen,
bis der Sieg gewonnen hieß.
Opfer bracht' ich allen Göttern,
doch vergessen warest du;
seitwärts von den ew'gen Rettern
Sahest du dem Feste zu.

O vergib, du Vielgetreue!
Tritt aus deinem Dämmerlicht,
dass ich dir ins ewig neue,
mondenhelle Angesicht
Einmal schaue, recht von Herzen,
wie ein Kind und sonder Harm;
Ach, nur einmal ohne Schmerzen
schließe mich in deinen Arm!

癒えた者が希望に寄せる

死んだように朝が私を覆ってきた、
だが、私の頭はなんと心地よく身を委ねていたことだろう、
私の懐に抱いている希望よ、
勝利を宣言する時まで。
捧げものを私は様々なこの世の神々に与えてきた、
しかし、あなたは忘れ去られていたのだ。
永遠の救い主の傍で、
あなたは、祝宴を見つめていたのだ。

おお、赦しておくれ、大いなる忠実な友よ!
あなたの黄昏の光から、前に出て、
私があなたの永遠の新たな
月の光のような御顔を
もう一度 心から見まえることができるように、
幼子のように、何の抵抗もなく、
ああ、ただ一度だけ、苦しみなく
あなたがその腕の中で、私を抱きしめてくれたなら!


Neue Liebe

Kann auch ein Mensch des andern auf der Erde
ganz, wie er möchte, sein?
¯ In langer Nacht bedacht ich mir's und mußte sagen, nein!

So kann ich niemands heißen auf der Erde,
und niemand wäre mein?
¯ Aus Finsternissen hell in mir aufzückt ein Freudenschein:

Sollt' ich mit Gott nicht können sein,
so wie ich möchte, Mein und Dein?
Was hielte mich, daß ich's nicht heute werde?

Ein süßes Schrecken geht durch mein Gebein!
Mich wundert, daß es mir ein Wunder wollte sein,
Gott selbst zu eigen haben auf der Erde!

新たな愛

人間はこの世で、完全に他の人のものに、
望むように、なることはできるだろうか?
...長い夜に、私は考えた、そしてこう言わなければならなかった、否!と。

それなら私はこの世で誰のものとも言われ得ないし、
誰も私のものとは言えないのだろうか?
…暗闇の中から、明るく喜びの光が私に差し込んだのだ。

私は神と共に、生きることはできないだろうか、
思うがままに、私のものも、あなたのものも?
今日、私が変わらないのは、何が留まらせているのだろう?

甘い驚きが私の体を駆け巡る!
驚くべきこと、それは私にとっては奇跡となるのだ、
神ご自身を、この地上で自分のものとするということは!


この記事のURL | うた | CM(0) | ▲ top
ベルク アルテンベルクの絵葉書の文による5つの歌曲 作品4 (2017 リサイタル 対訳)
2017/10/21(Sat)
A. ベルク A.Berg


ペーター・アルテンベルクの絵葉書の詩による5つの歌曲 作品4
5 Lieder nach Ansichtskartentexten von Peter Altenberg op.4

Seele, wie bist du schöner

Seele, wie bist du schöner, tiefer, nach Schneestürmen.
Auch du hast sie, gleich der Natur.
Und über beiden liegt noch ein trüber Hauch,
eh' das Gewölk sich verzog!

魂よ、お前はなんとより美しいことか

魂よ、お前はなんとより美しく、深いのだ、雪の嵐が去った後で。
お前もその雪の嵐を持っているのだ、この自然と同じように。
そうして、お前と自然の上には憂いを帯びた薄靄が横たわっている、
雲が次第に消えて行く前には。

Sahst du nach dem Gewitterregen den Wald?

Sahst du nach dem Gewitterregen den Wald?
Alles rastet, blinkt und ist schöner als zuvor.
Siehe, Fraue, auch du brauchst Gewitterregen!

雷雨の後にお前は森を見たか?

雷雨の後にお前は森を見たか?
すべては安らいで、きらめいている。そして、前よりももっと美しい。
ごらん、女の方よ、お前にも雷雨が必要であろう。

Über die Grenzen des All

Über die Grenzen des All blicktest du sinnend hinaus;
Hattest nie Sorge um Hof und Haus!
Leben und Traum vom Leben...plötzlich ist alles aus....
Über die Grenzen des All bliekst du noch sinnend hinaus!

宇宙の果てを超えて

宇宙の果ての先をお前はもの思いにふけながら見つめていた。
庭や家の心配をお前は決してすることはなかった!
人生よ、いのちの夢よ...突然、すべてが終わった…
宇宙の果ての先を、お前はまだ、もの思いにふけつつ見つめている!

Nichts ist gekommen

Nichts ist gekommen, nichts wird kommen für meine Seele.
Ich habe gewartet,gewartet, oh gewartet!
Die Tage werden dahinschleichen, und umsonst wehen
meine aschblonden seidenen Haare um mein bleiches Antlitz!

何もやって来なかった、

何もやって来なかった、そして何もやって来ることはないだろう、私の魂のためには。
私は待って、待って、おお、待ち続けたのだ!
日々は緩やかに流れて行くだろう、そして、ただ無駄に、風に吹かれた
私の灰色に変わった絹のような髪が、青ざめた私の顔のまわりを戯れるのだ!

Hier ist Friede

Hier ist Friede. Hier weine ich mich aus über alles!
Hier löst sich mein unfaßbares, unermeßliches Leid,
das mir die Seele verbrennt ...
Siehe, hier sind keine Menschen, keine Ansiedlungen.
Hier ist Friede! Hier tropft Schnee leise in Wasserlachen ...

ここに平和がある

ここに平和がある。ここで私はすべてのことについて、泣き尽くすのだ!
ここで私の理解しがたい、はかりしれない苦しみは、解放されるのだ、
私の魂は苦しみを焼き尽くすのだ…。
ごらん、ここには人々もいない、家々もない、
ここに平和がある!ここで、雪が水溜まりの中に、静かにしたたり落ちる…。

この記事のURL | うた | CM(0) | ▲ top
ヴェーベルン ゲオルゲの詩による5つの歌曲 作品4 (2017 リサイタル 対訳)
2017/10/20(Fri)
A.ヴェーベルンA.Webern

シュテファン・ゲオルゲの詩による5つの歌曲 作品4
5 Lieder nach Gedichten von Stefan George op.4

Eingang

Welt der Gestalten, lang lebe wohl!....
Öffne dich Wald voll schlohweißer Stämme!
Oben im Blau nur tragen die Kämme
Laubwerk und Früchte: Gold Karneol.

Mitten beginnt beim marmornen Male
langsame Quelle blumige Spiele,
rinnt aus der Wölbung sachte
als fiele Korn und Korn auf silberne Schale.

Schauernde Kühle schließt einen Ring,
Dämmer der Frühe wölkt in den Kronen,
ahnendes Schweigen bannt die hier wohnen...
Traumfittich rausche! Traumharfe kling!


序章

形のある世界よ、長らくさらば!....
開け、真っ白な幹が生い茂る森よ!
上空の青空にはただ、果柄と
木の葉と果実が実っている、黄金の紅玉髄も!

真ん中には大理石模様の斑点があり、
そこには緩やかに流れる泉から、花のような戯れが始まる、
優しく、湾曲の形から水の雫が流れ出る、
まるで、穀物の粒が次々と銀色の器に落ちるかのように。

身震いするほどの冷たさが、一つの輪を作り、
早朝の夜明けが、王冠の中に浮かび上がる、
何かを予感する沈黙が、ここに住んでいるものたちを虜にする…。
夢の翼よ、ざわめけ!夢の竪琴よ、音を奏でよ!


Noch zwingt mich Treue über dir zu wachen

Noch zwingt mich Treue über dir zu wachen
und deines Duldens Schönheit daß ich weile,
mein heilig Streben ist mich traurig machen
damit ich wahrer deine Trauer teile.

Nie wird ein warmer Anruf mich empfangen,
bis in die späten Stunden unsres Bundes
muss ich erkennen mit ergebnem Bangen
das herbe Schicksal winterlichen Fundes.


まだ忠誠がお前を見守らせようと

まだ忠誠がお前を見守らせようと強いるのだ、
そしてあなたの耐え忍ぶその美しさが、私をとどまらようとする。
私の神聖な努力は、私を悲しくさせる、
そうしてあなたの悲しみをもっと現実的に分かち合えるように。

決して、温かな呼びかけを私が受けることはないだろう、
私たちの絆の最期の時まで、
私は次から次へと襲う不安とともに、
冬に見つけた苛酷な運命を認めなければならないのだ。


Ja Heil und Dank dir

Ja Heil und Dank dir die den Segen brachte!
Du schläfertest das immer laute Pochen
mit der Erwartung deiner Teure
sachte in diesen glanzerfüllten Sterbewochen.

Du kamest und wir halten uns umschlungen,
ich werde sanfte Worte für dich lernen
und ganz als glichest du der Einen Fernen
dich loben auf den Sonnenwanderungen.

そうだ、お前に祝福と感謝を

そうだ、至福をもたらしてくれたお前に祝福と感謝を捧げよう!
お前は、絶えず大きくなっていく鼓動を弱めてくれたのだ、
お前が忠実な心を持ってくれるという願望とともに、
優しく、この輝きに満ちた死に向かう数週間に。

お前はやって来て、私たちは互いに抱き合った、
私は優しい言葉をお前のために覚えよう、
そうして、まるでお前が遠く彼方にいるお方と似ていると、
太陽の移行歩みの上で、お前をほめたたえるのだ。

So ich traurig bin

So ich traurig bin
weiss ich nur ein Ding:
Ich denke mich bei dir
und singe dir ein Lied.
Fast vernehme ich dann
deiner Stimme Klang,
ferne singt sie nach
und minder wird mein Gram.

私がこんなに悲しいのは

私がこんなに悲しいのは、
一つの理由だけ知っている、
あなたのことを考えて、
そしてあなたに一つの歌を歌おう。
そうしてかすかにやっと
あなたの声を聞き取ると、
遠くでその響きはこだまする、
そうして私の苦しみは和らぐ。

Ihr tratet zu dem Herde

Ihr tratet zu dem Herde
wo alle Glut verstarb,
Licht war nur an der Erde
vom Monde leichenfarb.

Ihr tauchet in die Aschen
die bleichen Finger ein
mit Suchen Tasten Haschen_
wird es noch einmal Schein!

Seht was mit Trostgeberde
der Mond euch rät:
tretet weg vom Herde,
es ist worden spät.

お前たちはかまどの傍に歩み寄り

お前たちはかまどの傍に歩み寄った、
全ての火が死に行く場所で。
地上での明かりはただ、
死体のように真っ白な月の光だけ。

お前たちは灰の中へ
青ざめた指を差し入れ、
探し、触り、叩く。
もう一度、光よあれ!

ご覧、慰めの身振りで、
月がお前たちに忠告することを。
「かまどから離れよ、
もう遅過ぎたのだから。」
この記事のURL | うた | CM(0) | ▲ top
バッハのアリア (2017 リサイタル 対訳)
2017/10/19(Thu)
来週金曜のリサイタルまで、もう少しとなりました。

僭越ながら、対訳が完成しましたので、いち早く、こちらにアップします。

当日歌われる歌曲の対訳です。

2017101917514786f.jpg



J.S.バッハ J.S.Bach
カンタータ第30番 <喜べ、贖われた群れよ>より
アリア 「来なさい、悩む罪人達よ」
Aus Kantata "Freue dich, erlöste Schar"
Arie : Kommt, ihr angefochtnen Sünder

Kommt, ihr angefochtnen Sünder,
Eilt und lauft, ihr Adamskinder,
Euer Heiland ruft und schreit!
Kommet, ihr verirrten Schafe,
Stehet auf vom Sündenschlafe,
Denn itzt ist die Gnadenzeit!

来なさい、悩む罪人達よ、
急ぎ、走りなさい、アダムの子供達よ、
あなた方の救い主は、大声で呼んでいます!
来なさい、道に迷った羊達よ、
罪の眠りから起き上がりなさい、
なぜなら今は恵みの時だから!



カンタータ第33番 <主イエス・キリストよ、あなたにだけに>より
アリア 「なんとおどおどと私の歩みはよろめいていたことだろう」
Aus Kantata Nr.33 "Allein zu dir, Herr Jesu Christ"
Arie : Wie furchtsam wankten meine Schritte

Wie furchtsam wankten meine Schritte,
Doch Jesus hört auf meine Bitte
Und zeigt mich seinem Vater an.
Mich drückten Sündenlasten nieder,
Doch hilft mir Jesu Trostwort wieder,
Daß er für mich genung getan.

なんとおどおどと私の歩みはよろめいていたことだろう、
しかし、イエスは私の願いを聞き、
主なる父に私を指し示してくださる。
私は罪の重荷で意気消沈した、
しかし、イエスの慰めの言葉が再び私を救ってくださる、
主は私のために十分してくださったのだから。
この記事のURL | うた | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。